高い技術力と情報発信による業界の技術発展への貢献が高評価を獲得

株式会社カプコンは、9月2日~4日に開催された「CEDEC2020」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)にて発表された「CEDEC AWARDS 2020」において、当社の「CAPCOMオープンカンファレンス RE:2019」運営チームおよび「RE ENGINE」開発チームが、エンジニアリング部門での「最優秀賞」を受賞しましたのでお知らせいたします。

この度最優秀賞を獲得した「CAPCOMオープンカンファレンス RE:2019」は、「RE ENGINE」の進化や改善、『バイオハザードRE:2』、『デビル メイ クライ5』における活用方法や実装事例の解説をテーマに無料のカンファレンスとして開催し、東京会場では応募が定員の2倍を超えるなど高い注目を集めました。また、「RE ENGINE」は、ゲーム開発に最適化した柔軟かつ効率的な環境を実現する、当社独自の開発エンジンです。実写さながらの高精細なグラフィックを表現できるだけでなく、タイトル制作時間を短縮し、かつ開発タイトルに合わせて仕様をアップデートすることが可能です。

今回、自社主催のカンファレンスでの発信を通じ、業界の技術発展に貢献した点のみならず、自社製ゲームエンジンを開発する高度な技術力が高く評価され、受賞に至りました。

当社は、今後も基礎技術や新技術の研究に注力することで、ゲームのグローバル市場において高い競争力と優位性を維持し、一層の成長を果たしてまいります。

【受賞内容】
CEDEC AWARDS「エンジニアリング部門」最優秀賞

【受賞者】
「CAPCOMオープンカンファレンス RE:2019」運営チームおよび「RE ENGINE」開発チーム