「女神転生」シリーズ最新作『真・女神転生Ⅴ』が本日発売、未来を賭けた神と悪魔の戦いに身を投じる主人公の運命は…

本日(2021年11月11日)Nintendo Switchで「メガテン」シリーズナンバリング最新作『真・女神転生Ⅴ』が発売。
価格は、通常版が9,878円、初回限定版が16,280円、DLCバンドルセットが12,830円、いずれも税込み。

平凡な日常を送っていた主人公が、トンネルの崩落事故をきっかけに異世界の「ダアト」と呼ばれる所にある砂漠化した東京を舞台とし、未来を賭けた神と悪魔の戦いに身を投じることとなる。

プロモーションビデオ

「メガテン」シリーズとは

「女神転生」シリーズは、主人公が「悪魔」や「神」などの異型の存在に関わり、物語を通じて戦い生き抜く作品。ダークな世界観と悪魔や神々を“仲魔”にして戦うといったオリジナリティあふれたシステムで人気を博したRPGである。

ATLASの「ペルソナ」や「デビルサマナー」などの人気シリーズも「女神転生」から派生した作品群で、一部システムが踏襲されているものがあり、今作の『真・女神転生Ⅴ』はストーリーが独立しているので派生シリーズのファンでも満足に遊べる仕上がりとなっている。

本作の特徴「プレスターンバトル」

本作のバトルは、コマンド制の「プレスターンバトル」が採用。
敵の弱点を突くことで、味方の行動回数が増え有利に戦うことができるシステムとなっている。
選んだコマンドや立ち回り次第では敵にターンを許すことなく殲滅することも出来る、シンプルながら富むやりごたえ抜群なバトルです。

「マガツヒゲージ」と「マガツヒスキル」

バトル中は、選択したコマンドによって「マガツヒゲージ」が溜まっていく。「マガツヒゲージ」を使用することで、大技「マガツヒスキル」が発動可能に。敵に大ダメージを与える攻撃や味方を回復する効果など「マガツヒスキル」にはさまざまな種類があるので状況により効果的に使おう。

「女神転生」シリーズではお馴染みとなる悪魔との交渉・会話出来るシステムは本作でも登場。
敵として登場する悪魔と会話・交渉をし、仲間の悪魔「仲魔」にすることが可能だ。悪魔の性格や味方にしている「仲魔」によっても特殊な会話が発生することも…?

 

新たな成長要素「写せ身」「御厳と神意」

本作の舞台、ダアトを探索中に入手できる「写せ身」を使用することで、主人公のスキルや防御相性を変更することができます。またその「写せ身」を仲魔に使用すると、仲魔のスキルを付け替えができます。

さらに、ダアト内に存在する「御厳(みいつ)」を集めることで、特殊な業「神意(かむい)」を習得できるようにもなります。神意には様々な種類があり、探索や悪魔との会話・バトルが有利になるものや、合体・スキル適性・成長などがあります。

概要

タイトル真・女神転生Ⅴ
ハード :Nintendo Switch™
ジャンル :RPG
発売日 :好評発売中
プレイ人数 :1人
価格 :通常版/8,980円(税込9,878円)
初回限定版/14,800円(税込16,280円)
DL版/9,878円
CERO :C(15才以上対象)


画像は、任天堂トピックスより参照しています。
©ATLUS©SEGA All rights reserved.