ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、任天堂のキャラクターとその世界観をテーマにした、世界初※1となる壮大なエリア『SUPER NINTENDO WORLD』の新ビジュアルを本日発表しました。

『SUPER NINTENDO WORLD』は、「Nintendo」という日本が誇るすばらしいエンターテイメント・ブランドの魅力を、日本国内のみならず、世界へ発信していく、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのさらなる集客拡大の起爆剤となるエリアとなり、2020年東京五輪前のオープンを目指しています。

『SUPER NINTENDO WORLD』新情報公開

壮大なエリア『SUPER NINTENDO WORLD』

任天堂の人気キャラクターやゲームの世界観を多重構造にて再現した一大複合エリア内を表現した新ビジュアルには、マリオの世界のアイコンとして知られるピーチ城やクッパ城、そして人気キャラクター「ヨッシー」のライド・アトラクションも描かれています。
エリア内には世界中のファンが待ち望む「マリオカート」のライド・アトラクションや、ショップ、レストランも登場し、数々のエンターテイメントを世に送り出してきたユニバーサル・スタジオのクリエイティビティと世界最新鋭の技術※1を駆使して、ほかに類を見ない体験をゲストの皆様にお届けいたします。
関西大学宮本勝浩名誉教授によると、『SUPER NINTENDO WORLD』オープン後10年間のユニバーサル・スタジオ・ジャパンが創出する経済効果は近畿圏において約6.2兆円、全国では約11.7兆円、その雇用効果は約108万人に及ぶと試算されています※3。

『SUPER NINTENDO WORLD』は、任天堂のゲームの楽しさを実際に体感できる、非常にテーマ性にあふれるエリアとなります。ゲストの皆様は、大好きな任天堂のゲームの中に入り込んだかのように感じる、興奮と感動あふれる体験ができることでしょう。このプロジェクトには、任天堂の伝説的なキャラクターと世界観を生み出した創造者たちと、ユニバーサルの大人気テーマパークを支えるクリエイティブチームが一丸となって取り組んでいます。『Nintendo』をテーマとしたエリアは、今後、世界のユニバーサル・スタジオにも誕生いたします。今後の進捗にどうぞご期待ください。

©Nintendo
※1 任天堂ブランドのキャラクターおよびその世界観をテーマにした施設における自社調べ。
※2 2016年11月世界のテーマパークにおける自社調べ。
※3 関西大学発表による(2016年12月12日)。

■ユニバーサル・スタジオ・ジャパンについて

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンはコムキャスト NBCユニバーサルが完全所有しています。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、国内のみならず海外からも多くのゲストが訪れるエンターテイメント、レジャー界における一大ランドマークとしての地位を築きあげています。「世界最高を、お届けしたい。」という強い想いの下、ハリウッドの人気映画だけではなく、さまざまな世界的人気エンターテイメント・ブランドをテーマとする本格的なアトラクションやショー、ゲストが思いきり楽しめるシーズナル・イベントなど、世界最高クオリティのエンターテイメントを提供し、訪れるゲストに世界最高の体験と思い出をつくっていただいています。

2001年の開業以来、常に革新をし続けており、近年は「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が絶大な人気を博しているほか、「ジュラシック・パーク」エリア一帯を滑走する画期的なフライングコースター「ザ・フライング・ダイナソー」、大人気エリア「ミニオン・パーク」ではミニオンたちが繰り広げる想像を超える〝ハチャメチャ″が楽しめる「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」など次々と世界最高エンターテイメントを打ち出し、さらなる進化・成長を遂げています。さらに、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、任天堂が世界に誇るキャラクターたちやその世界観をテーマにした新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」のオープンにむけての工事も着々と進められています。