パーフェクトワールドが開発し、5X Gamesから配信される予定の大型アクションRPG『ソード&ブレイド』がまもなく日本でリリースされます!

自由かつ爽快な戦闘スタイル、独特な風情があるデザイン、面白さが詰まったプレイモード、100万文字を超えるオリジナルストーリーは、前例のない最高の体験をあなたにお届けします!

スタイリッシュで実写的な大型アクションMMOを実現するため、開発チームはキャラクターや配色構成を駆使し、シンメトリーに表現、コンセプトと芸術性を最大限に表しています。

『ソード&ブレイド』公式Twitterでは、現在キャンペーンを実施中!声優の三木 眞一郎さんの直筆サイン色紙のプレゼントや、アマゾンギフト券が当選するかもしれません!公式Twitterアカウント@Sword_Blade_JPをフォローしてキャンペーンに参加しよう!
公式Twitter:https://twitter.com/Sword_Blade_JP

図1·「ソード&ブレイド」無相門から見下ろしたシンメトリックでワイルドワイドな景観

図2·「ソード&ブレイド」華山派は対称的な構造で迫力があります

対称というのは、永久的な形です。身の回りを見てみると、対称的な構造は様々な所に存在しています。対称構造のものは、いつも人々に秩序感を与え、厳粛、安静、平和を感じさせます。その色彩、格調、構造はすべて、平衡で安定した美しさを含んでいます。

図3·「ソード&ブレイド」武当派の全景は完全に対称ではないところが、かえって美しさを醸し出している

図4·「ソード&ブレイド」日月黒木崖も完全に対称ではない光の影で表されている

『ソード&ブレイド』では華山派、無相門など、いくつかの場面でシンメトリーの法則を利用し、建物の対称性を目立たせています。視覚的な拡張感が強いため、のっぺり感はありません。ゲーム内で使われているシンメトリックは、完全な対称性にこだわっているわけではなく、形式上なものに過ぎません。そのため、心を開いて天地を抱き、元素と環境を完璧に結びつけることで、より強い共感が持てるようになっています。

図5·「ソード&ブレイド」一度は訪れるべき場所、群玉苑

街の全体的な視覚効果以外にも、『ソード&ブレイド』では建物の内部レイアウトについても、シンメトリック的な美しさにとてもこだわっています。衡山城の群玉苑を例にすると、机や椅子、食器類、階段、リボンといった装飾品はすべて、お互いに対称的なものとなっています。中央に飾られた「非対称」の錦鯉図と一樹の桃の花が、空間をいっそう引き立てており、見どころとなっています!

『ソード&ブレイド』は爽やかなイラストと斬新な二次元の世界を融合した、高クオリティかつ最高の視覚体験を提供いたします!

独特なデザインと爽快感満載の大型アクションRPG『ソード&ブレイド』はまもなく日本でリリース!公式Twitterアカウント@Sword_Blade_JPをフォローし、より多くの情報をチェックしましょう!

公式Twitter:https://twitter.com/Sword_Blade_JP