9月15日(日)開催の東京ゲームショウ2019で行われる決勝大会へ進出

日本ゲーム大賞U18部門の予選大会が6月9日(日)に開催され、学校法人佐藤学園ヒューマンキャンパス高等学校 秋葉原学習センターの在校生、田染 颯野(たしぶ そうや)さんと、水上 嵩大(みずかみ たかひろ)さんの2人が開発したゲーム作品「KAISENDOOOON!!!」が、決勝大会に進出することが決まりました。

【本件のポイント】
・ヒューマンキャンパス高等学校秋葉原学習センターの在校生の作品が、日本ゲーム大賞U18部門の予選大会を突破
・ヒューマンキャンパス高等学校の生徒が決勝大会へ進出するのは今回が初めて
・決勝大会は9月15日(日)に幕張メッセ(千葉市)で開催される東京ゲームショウ2019のイベントステージで開催

image決勝進出を決めた水上さんと田染さん
 
 
日本ゲーム大賞U18部門は、 18歳以下の次世代を担うゲームクリエイター発掘を目的としてCESA(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)が主催する大会です。予選大会では、1次審査により選出された13作品に対してプレゼンテーション審査とゲームの試遊プレイによる実機審査が行われ、7作品が決勝大会に進出することが決まりました。

image予選大会でのプレゼンテーション
 
■日本ゲーム大賞「U18部門」公式サイト
https://u18.awards.cesa.or.jp/

決勝大会への進出は、ヒューマンキャンパス高等学校としても初の快挙です。昨年度予選大会で敗退した雪辱を果たした田染さんと水上さんは、以下の通り喜びを語っています。

<田染さんコメント>
とてもうれしいです!「KAISENDOOOON!!!」をみんなにもっと知ってもらうために頑張ります!

<水上さんコメント>
ここまで来たら頂点目指します!応援よろしくお願いします!

image決勝に向けて意気込みを語る両名

決勝大会は、9月15日(日)に東京ゲームショウ2019のイベントステージで開催されます。田染さん、水上さんは、予選大会で審査員の方々からの受けたアドバイスを参考に作品のブラッシュアップに取り組み、決勝大会に臨みます。
 
 
■日本ゲーム大賞U18部門決勝大会概要
【日時】2019年9月15日(日)10:00~12:00(予定)
【場所】「東京ゲームショウ2019」会場内イベントステージ(会場:幕張メッセ)
【主催】一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA/せさ)

■ヒューマンキャンパス高等学校
学校法人佐藤学園が運営する広域通信制の高等学校。「通いたくなる学びの場の創造」を理念に、高校科目と同時に、ゲーム・声優・マンガ・メイク・ファッションなど、40種類以上の専門分野を学べるほか、大学進学を目指せる「大学短大総合進学コース」もあり、国公立大学や有名私立大学へも多数合格しています。