ゲーム / メタバース開発のマンカインドゲームズ、Unreal Engine5を駆使したデモ「バーチャルTOKYO(β版)」を初公開!

Unity/Unreal エンジニアを多数擁してメタバースコンテンツ開発を手掛ける株式会社マンカインドゲームズ(本社:東京都台東区 代表取締役:播磨祐介)は、東京駅周辺をメタバース化した「バーチャルTOKYO(β版)」のデモを初公開します。
  1. 【バーチャルTOKYO(β版)について】

本デモは、製品版のリリースから間もない「Unreal Engine5」を活用したメタバースコンテンツです。
マップ制作の基礎部分にGoogle Mapから抽出した3Dモデルを利用し、簡易なワールド制作を最低限の修正工数で実現しました。

 

バーチャルTOKYO(β版)では、Unreal Engine5の新機能を存分に活用した下記の機能を実装しています。(開発進行中につき、順次機能追加予定)

・Lumenを活用した夜の東京のライトアップ機能
・Chaos(破壊エフェクト)やNiagara(ビジュアルエフェクト)を活用した災害体験
・晴れ、雨、曇りといった天候の変更機能

またアバター制作では、Epic Games社が提供するUnreal Engine5専用のデジタルヒューマン制作ツールを利用し、従来の方法と比べて大幅な制作工数の削減を実現しました。その他、Unreal Engine5で初めて搭載された最新機能をふんだんに活用したメタバースコンテンツとなっている点が大きな特徴です。

【バーチャルTOKYO(β版)の公開時期、公開場所について】
本デモは2022年6月29日(水)~7月1日(金)に東京ビッグサイト(東展示棟)で開催される「第2回XR総合展(※)」にて初公開します。(※)マンカインドゲームズが技術協力した建設業特化型ARアプリ「TerraceAR」の発売元である株式会社ネクステラスとの共同出展ブースにて公開。

【マンカインドゲームズについて】
マンカインドゲームズは「ゲーミングテクノロジーで新しい世界を拓く」をビジョンに掲げ、Unity/UnrealEngineの使用に特化したゲーム制作・アプリ開発企業です。前身の株式会社マンカインドの実績を含めて、過去7年間で合計約80件のゲーム/XR/メタバース開発プロジェクトに携わってまいりました。自社パブリッシングのゲームはSteamにリリースしており、今夏にも1タイトル配信予定です。過去の経験で培ったノウハウを礎に、25名の精鋭チームによる「効率を重視した開発」を強みとしています。 

【第2回XR総合展】

会 期2022年6月29日 [水] ~ 7月1日 [金]
会 場東京ビッグサイト 東展示場
弊社出展ブースの小間位置:小間番号 24-47
主 催RX Japan株式会社

 

【電子版 ご招待券】
https://www.xr-fair.jp/summer/ja-jp/visit/e-ticket-ex.html?co=XR1-0251 

 

【会社概要】

会社名株式会社マンカインドゲームズ
代表者代表取締役 播磨祐介
所在地東京都台東区東上野1-6-10 ART ビル2F
URLhttps://mankindgames.jp/
E-Mailinfo@mankindgames.jp
事業内容Unity/UnrealEngineを用いたあらゆるアプリケーションの開発

【本リリースに関するお問い合わせ先】
会社名:株式会社マンカインドゲームズ
担当者:仲平
E-Mail:info@mankindgames.jp