賭ケグルイ原作者・河本ほむらシナリオ・原作によるイザナギゲームズの新作【冤罪執行遊戯ユルキル】のシューティングパートをTokyo Game Show 2019 KONAMIブースにてプレイアブル出展 9月13日金曜日12:30からのKONAMIステージではシューティングパート開発会社グレフの丸山氏による実演プレー解説も行われます。
株式会社イザナギゲームズ(東京都中央区 プロデューサー兼CEO 梅田慎介)は2020年発売予定の新作ゲーム【冤罪執行遊戯ユルキル】をTokyo Game Show 2019 KONAMIブースにってプレイアブル出展いたします。

◆冤罪執行遊戯ユルキルとは

河本ほむら(賭ケグルイの原作者)原作・シナリオ、清原紘(蒼き革命のヴァルキュリアキャラクターデザイン)キャラクターデザインによる脱出ADV&シューティングゲーム。BGMはモンスターハンターシリーズの作曲家小見山優子が担当。シューティングパート開発はシューティングゲームの老舗グレフ。

冤罪執行遊戯ユルキル公式Twitter
https://twitter.com/yurukill

[原作・シナリオ]河本ほむら(賭ケグルイ原作者)
[キャラクターデザイン]清原紘(蒼き革命のヴァルキュリアキャラクターデザイン)
[BGM]小見山優子(モンスターハンターシリーズ作曲家)
[シューティングパート開発]有限会社グレフ(まもるクンは呪われてしまった!etc…)
[配信日] 2020年
[パブリッシャー]IzanagiGames, Inc.   
[対応プラットフォーム]PS4、PC
[価格]未定
[著作権表記](c)IzanagiGames, Inc. All Rights Reserved.

◆KONAMIブースにてプレイアブル展示
Tokyo Game Show 2019のKONAMIブースにて冤罪執行遊戯ユルキル、シューティングパートのプレイアブル展示を行います。

◆9月13日金曜日12:30からのKONAMIステージにてシューティングパート開発会社グレフの丸山氏による実演プレー解説

シューティングパート開発会社グレフ代表の丸山氏がプレイアブル展示されている冤罪執行遊戯ユルキルのシューティングパートをプレーしながら解説いたします。

登壇予定
・梅田慎介(ディレクター兼プロデューサー)
・丸山博幸(シューティングパート開発会社グレフ代表)
・小見山優子(BGM担当)

◆イザナギゲームズについて
イザナギゲームズは、日本のクリエイターとともに作ったゲームを世界のマーケットにダイレクトにアピールしていく東京都中央区に本社を置くコンシューマーゲームの会社です。資金調達の幅を広げることにより、優れたクリエイターの方々が新しいIP・ゲームを創り出すチャンスを増やし、全世界を販売マーケットとして大きくアプローチすることで、数多くのユーザーにゲームエンターテインメント体験をお届けすることを目指して行きます。

・イザナギゲームズ公式サイト
https://izanagigames.co.jp/
・イザナギゲームズ公式Twitter
https://twitter.com/izanagigames