株式会社enish(本社:東京都港区、代表取締役社長:安徳 孝平、以下enish)が提供する大人気レストラン経営シミュレーションゲーム『ぼくのレストランⅡ』は、『リサとガスパール』とのコラボレーションキャンペーンを2019年11月24日(日)から12月19日(木)まで期間限定で開始いたしました。

『ぼくのレストランⅡ』は、ソーシャルゲーム黎明期にあたる2010年7月に配信開始以降長きに渡り、GREE、mixi、mobageなどのSNSで390万人超のお客様にお楽しみいただいているレストラン経営シミュレーションゲームの決定版です。このたびコラボする『リサとガスパール』は、今年で誕生20周年を迎え、これまでの発行部数が200万部を超えるフランスの絵本作品です。

リサとガスパールのアバター衣装や、ふわふわと動くシャボン玉エフェクト、甘くてかわいいお料理もGETできます。限定アイテムが入手できるこの機会にぜひ『ぼくのレストランⅡ』をお楽しみください。

■「リサとガスパール」コラボキャンペーン概要

『ぼくのレストランⅡ』×「リサとガスパール」のコラボガチャが期間限定で登場。
詳細は、アプリ内のキャンペーンページをご覧ください。
期間:2019年11月24日(日)10: 30 ~ 12月19日(木) 20: 00


リサとガスパール



リサとガスパールの壁紙



ぎゅっとリサとガスパール♪



©2019 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

■『リサとガスパール』

「リサとガスパール」(Gaspard et Lisa)は作者のアン・グットマン(文)、ゲオルグ・ハレンスレーベン(絵)夫妻によって描かれた絵本シリーズのキャラクター。

ほわほわの白いボディにつぶらな黒目、赤いマフラーがお似合いのリサ。黒いボディに青いマフラー、赤いお鼻にくりくり瞳のガスパール。リサとガスパールは、うさぎでもない、いぬでもない、キュートなパリの住人。人間の学校に通って友だちはいっぱいだけど、とくべつ仲良しな2人は、遊びもいたずらもいつも一緒です。

絵本誕生から今年で20周年を迎えた「リサとガスパール」は日本では現在まで計40タイトルの絵本が発売され、累計部数は約200万部以上に及びます。2010年には初のアニメーション(第1シリーズ:全51話)が完成。原作のあたたかな雰囲気をそのままに、パリに暮らすふたりとその家族たちが活き活きと描かれた新しいストーリーも加わり、幅広いファンに受け入れられ世界80ヵ国以上で放送されています。

オフィシャルHP http://www.lisagas.jp/
©2019 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

■『ぼくのレストランⅡ』ゲーム概要

アプリ名:ぼくのレストランⅡ
ジャンル:レストラン経営シミュレーションゲーム
アクセス方法:http://www.bkrs.jp/top#iron_jump
[対応プラットフォーム]
GREE、mixi、mobage、ハンゲーム、Ameba、mobcast、 dゲーム、ヤマダゲーム、コロプラ、Yahoo!ゲームプラス、TSUTAYAオンラインゲーム、ゲソてん(※)ご利用には上記プラットフォームへの会員登録が必要です。
対応端末:
iPhone、Android™、フィーチャーフォン(一部機種を除く)の各キャリアの端末において、Flash Lite1.1以上が利用できる端末に対応しております。

【スマートフォン推奨環境】
・iOS 4.0 以上(タブレット、touchは推奨外)
・Android 2.3 以上(タブレットは推奨外)
利用料金:基本プレイ無料/アイテム課金制
著作権表記:© enish,inc.

■株式会社enish(エニッシュ)https://www.enish.com/

enishでは、Link with Funというスローガンのもと、「世界中にenishファンを作り出す」ことをミッションとして掲げ、より多くのお客様に楽しんでいただけるよう魅力的なサービスの提供に取り組んでまいります。

所在地:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
設立:2009年2月24日
代表取締役社長:安徳 孝平
事業内容:ゲームアプリの企画・開発・運営