ポノス株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役:辻子依旦、以下「ポノス」)は自社所属のプロゲーマーチーム「PONOS」が「クラッシュ・ロワイヤル(以下、「クラロワ」)」の公式 e スポーツリーグ「クラロワリーグ アジア2019」シーズン2におきまして、プレイオフに進出したことをお知らせいたします。

i©PONOS Corp. all rights reserved.

モバイルゲーム開発会社 Supercell が主催する「クラロワリーグ アジア2019」シーズン2は、全12チームがグループA、グループBに分かれてグループ内総当たり戦のレギュラーシーズンを行い、各グループ上位4チームがプレイオフに進出、アジアNo.1を決定いたします。
さらにシーズン2のプレイオフの結果は「クラロワリーグ世界一決定戦2019」への出場に直結するため、これまで以上に大きな意味を持つリーグとなります。

シーズン1でアジアNo.1となった「PONOS」は、シーズン2ではグループAのレギュラーシーズンを3位で通過、3度目のアジア優勝とクラロワリーグ世界一を目指します。
プレイオフの初戦は、グループB「OGN ENTUS」とのマッチに臨みます。

「クラロワリーグ アジア2019」シーズン2プレイオフの模様は10月19日(土)19時より3週にわたって「クラロワリーグ アジア」公式YouTubeチャンネルにて配信されます。
https://supr.cl/CRL_ASIA_JP
 

●ポノスについて

ポノスは、1990年の創業以来一貫してゲームを通してエンターテインメントという文化の発展に貢献してまいりました。【求められるモノは創らない、それ以上を創り出す。】を掲げ、求められるモノの中に、自分たちしか創れない価値をプラスしていくことを私たちは大切にしています。現在は、スマートデバイス向けのオリジナルゲーム開発を核に事業を展開し、代表タイトル『にゃんこ大戦争』は、累計DL数4,700万を(2019年10月現在)超え、多くのお客様に楽しんでいただいております。