株式会社セガゲームスは、2020年1月16日(木)発売の、『龍が如く』シリーズ最新作『龍が如く7 光と闇の行方』(以下『龍が如く7』)において新たに追加される敵キャラクターや、バトル中に強力な助っ人キャラクターを呼び出せる「デリバリーヘルプ」機能で登場する新キャラクターの情報を公開した。

敵キャラクター紹介

『龍が如く7』では、これまでのシリーズで登場したヤクザやマフィアの敵に加え、新たに多くの敵キャラクターが追加されその数はシリーズ史上最多となる。敵キャラクター達は、RPGらしい特徴を持ち「系統」ごとに分かれ、その中でも強さのグレード分けがされている。今回公開された情報では、「ギャング系統」「軍人系統」の敵キャラクターが紹介された。

ギャング系統

弱いグレードのギャング系統の敵は拳での攻撃のみだが、強いグレードのギャング系統の敵は拳銃を発砲してくる。銃撃は防御不可の攻撃のため見かけたら用心しよう。

左から順にカラーギャング⇒マッドギャング⇒ギャングエース⇒ギャングボス

軍人系統

強いグレードの敵ほど、ナイフやボウガンなど強力な武器で武装するようになる。最上位の階級のアーミネーターは「破壊光線」というビームを撃ってくる。

左から順に軍事オタク⇒孤独なアーミー⇒やつざきコマンドー⇒アーミネーター

「デリバリーヘルプ」の新キャラクターを紹介

本作で追加された、お金を払うことでバトル中に強力な助っ人キャラクターを呼び出せる機能「デリバリーヘルプ」に、二人の新キャラクター「白川清恵」「ぶっこみの鷹」が追加された。どちらのキャラクターも個性的なスキルで主人公達の支援をしてくれる。

「白川清恵」

戦闘中、豚汁の炊き出しサービスで仲間全員のMP(メンタルポイント)を回復する。

スキル名:「マドンナの炊き出し」

「ぶっこみの鷹」

バイクで突撃し敵全員をなぎ倒し、タイヤの熱で一定確率で敵を「熱気やられ」の状態異常にすることができる。

スキル名:「韋駄天の舞」

『龍が如く7 光と闇の行方』とは

新主人公の春日一番が、新たな舞台「横浜・伊勢佐木異人町」で仲間たちと共に成りあがり、巨悪を打ち砕くまでの人間ドラマを描いた『龍が如く』シリーズの最新作RPGである。
かつてない規模の舞台、『龍が如く』シリーズで培った喧嘩アクションとRPGコマンド選択システムが融合した「ライブコマンドRPGバトル」など、これまで『龍が如く』を超えるシリーズ最大のボリュームとなる。

『龍が如く7 光と闇の行方』最新ストーリートレイラー

『龍が如く7 光と闇の行方』ゲームトレイラー

【 商品概要 】

商品名 : 龍が如く7 光と闇の行方
対応機種 : PlayStation®4
ジャンル : ドラマティックRPG
発売日 : 2020年1月16日(木) 発売予定
価格 : パッケージ版・ダウンロード版 8,390円(税別)
プレイ人数 : 1人
発売・販売 : 株式会社セガゲームス
CERO表記 : D区分(17歳以上対象)
著作権表記 : ©︎SEGA
公式サイト : http://ryu-ga-gotoku.com/seven/
公式Twitter: https://twitter.com/ryugagotoku/