初参戦の「G×G」が快勝!ゲーム動画プラットホーム「OPENREC.tv」でエール機能を新たに取り入れ、視聴者からの36万エールがチームを応援

株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社Cygamesが共催するeスポーツプロリーグ「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 ファーストシーズン」が2019年5月12日(日)に開幕いたしました。

image

読売巨人軍ブランドのeスポーツチーム「G×G」の選手たち。デビュー戦で快勝。
 
 
今季リーグの参加チーム

image

同リーグは「AXIZ」、「auデトネーション」、「G×G」、「名古屋OJA ベビースター」、「横浜F・マリノス」、「よしもとLibalent」、「レバンガ☆SAPPORO」、の7チームが参加しており、読売巨人軍ブランドの「G×G」は、今季からの初参戦となっております。
 
 
試合形式

image

試合は、各チームから3選手を送り出した対抗戦になります。
 
 
新機能 エールでチームを応援

image

image

本リーグから初めてチームへの応援エール*が可能になり、試合開始前からエールとメッセージが飛び交い、合計362,554エールが視聴者から送られました。

※エール:視聴しているユーザーが、配信者を応援することができる有料機能。ライブ配信中にエールアイテムを購入し、メッセージを投稿することで、一定時間チャット画面上にそのメッセージが掲載されます。
 
 
試合内容(ラウンド1~3)
ラウンド1

image

ラウンド1は、「AXIZ」vs「名古屋OJA ベビースター」。ROB選手とさに選手が2Pickで対戦し、さに選手の序盤からの猛攻を防ぎ切り、ROB選手が勝利を挙げました。RUMOI選手とへるん選手はローテーションで対戦し、RUMOI選手がへるん選手を終始圧倒し続けてRUMOI選手が勝利をおさめました。第3試合のGEMO選手とぼーいん選手の対戦では、名古屋OJA ベビースターのぼーいん選手が勝利を得ました。
「AXIZ」vs「名古屋OJA ベビースター」は2-1で「AXIZ」の勝利をおさめました。
 
 
ラウンド2

image

ラウンド2は、「G×G」vs「横浜F・マリノス」。フォレスト選手としーまん選手の対戦では、お互い繊細な試合運びを続けましたが、僅差でフォレスト選手が勝利をおさめました。続く、リグゼ選手と水煮選手の試合では、リグゼ選手が中盤の爆発力を見せて、リグゼ選手が勝利を挙げました。Riowh選手とあぐのむ選手の対戦では、第1バトルをあぐのむ選手に取られてしまったものの、その後落ち着きを取り戻し、Riowh選手が勝利を獲得しました。「G×G」vs「横浜F・マリノス」は3-0で「G×G」の快勝となりました。
 
 
ラウンド3

image

ラウンド3は、「auデトネーション」vs「レバンガ☆SAPPORO」。cross7224選手と真春選手の試合では、デッキの強さを存分に発揮をし、cross7224選手が勝利をおさめました。Spicies選手とTatsuno選手の試合では、Spicies選手が難しい局面を制し、見事勝利をおさめました。ミル選手ときょうま選手の試合では、18シーズン年間チャンピオンの意地を見せ、きょうま選手が勝利を挙げました。
「auデトネーション」vs「レバンガ☆SAPPORO」は2-1で「au デトネーション」の勝利を得ました。

デビュー戦で勝利を収めた「G×G」のリーダーフォレスト選手は、「ひやっとした瞬間はありました」と語り、ちゃみ選手は「デッキの当て方がよかったと思います。他のチームはヴァンパイアを使ったと思うのですが、そこに敢えてロイヤルに対して勝ちやすいネメシスを持っていて、それはうまくはまらないんですが、結果としてもう片方のビショップに2タテしたのは大きいと思います」と振り返っていました。
 
 
■賞金について
リーグ戦はファーストシーズンが5月から8月、セカンドシーズンが10月から1月まで開催されます。年間総額賞金は2400万円となっております。ファースト・セカンドシーズンそれぞれで、1位のチームには400万円、2位のチームには200万円、3位のチームには100万円授与されます。最終チャンピオンになったチームには、1000万円が送られます。
 
 
■次回のプロリーグの放送
「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 ファーストシーズン」 第2節
2019年5月26日(日) 12:00~
視聴URL:https://www.openrec.tv/live/gkrpm29npr5
 
 
■年間スケジュール
「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 ファーストシーズン」2019年 5月〜8月
「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 セカンドシーズン」2019年 10月〜1月
「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 リーグチャンピオンシップ」2020年 2月
 
 
■「Shadowverse」とは
「Shadowverse(シャドウバース)」とは、株式会社Cygamesが開発・運営をおこなう、スマートフォンで遊べるデジタルTCGです。2016年6月の配信開始より順調にユーザー数を増やし、累計ダウンロード数は2,100万を突破しています。
 
 
■「OPENREC.tv」とは

image

「OPENREC.tv」は、CyberZが運営する、ゲーム実況やオリジナル番組、eスポーツ大会の配信が楽しめる、ゲーム動画プラットフォームです。国内最大級のeスポーツスタジオを完備した「OPENREC STUDIO」を2018年に都内にオープンいたしました。

公式Twitter:https://twitter.com/OPENREC
WEB:https://www.openrec.tv/
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/openrec.tv-gemu-shi-kuang/id912776162
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cyber_z.openrecviewapp
Amazon Androidアプリストア:https://www.amazon.co.jp/dp/B01N0CMW5N/
 
 
■「RAGE」とは

image

RAGE(レイジ)とは、「新しいスポーツエンターテイメントの創出」を目的に、次世代スポーツ競技「eスポーツ」に様々なエンターテイメント性を掛け合わせた、株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が協業して運営するeスポーツイベントおよび、eスポーツリーグの総称です。現在RAGEでは、主にオフラインで開催する一般参加型の「イベント」と、プロ選手による競技をオンラインで配信する観戦型の「プロリーグ」、2つのプロジェクトを実施しています。「イベント」では、複数のジャンルに渡るゲームタイトルが一堂に介し、各タイトルの最強王者を決めるeスポーツ大会のほか、会場限定の大会や新作タイトルの試遊会、アーティストライヴなども実施しています。

賞金制で開催したeスポーツ大会はこれまで、「ウイニングイレブン 2017」(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)、「サーヴァント オブ スローンズ」(株式会社スクウェア・エニックス)、「Shadowverse」(株式会社Cygames)、「ストリートファイターⅤ」(株式会社カプコン)、「Vainglory」(Super EVill Megacorp社)計5タイトル(並びは五十音順)を採用しています。

また、非賞金制の大会として「スプラトゥーン2」(任天堂株式会社)や「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)」(合同会社DMM GAMES)を採用したイベントも開催しています。国内のトッププレイヤーたちが参加するeスポーツリーグでは、「RAGE Shadowverse Pro League」と「RAGE STREET FIGHTER V All-Star League powered by CAPCOM」、2つのリーグを運営しています。

公式サイト:https://rage-esports.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/eSports_RAGE
公式Facebook:https://www.facebook.com/eSportsRAGE/
公式Instagram:https://www.instagram.com/esports_rage/
 
 
■ CyberZについて
http://cyber-z.co.jp/
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。サンフランシスコ、韓国、台湾支社をはじめ全世界対応で広告主のマーケティング支援をしております。当社が提供するスマートフォン広告ソリューションツール「Force Operation X」は、2011年2月に国内で初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、Facebook社の「Facebook Marketing Partners」や、Twitter社公式プログラム「Twitter Official Partners for MACT」、Google社の「App Attribution Partner」に認定されております。また、メディア事業においてはゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を運営しており、2015年からeスポーツイベント「RAGE」を日本国内にて運営しております。
 
 
■ 会社概要
社名株式会社CyberZ
東京本社東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ16階
代表者代表取締役社長 山内隆裕
事業内容スマートフォン広告事業、スマートフォンメディア事業、eスポーツ事業
URL:http://cyber-z.co.jp/
 
 
■ 本リリースに関するお問い合わせ
株式会社CyberZ  広報担当:雨川
E-mail:press@cyber-z.co.jp  Tel:03-5459-6276   Fax:03-5428-2318