「モンスターハンターライズ」楽しんでますか?
無料タイトルアップデートVer3.0が5月27日に配信されてから、さらに盛り上がりを見せていますがライトボウガン使いなら見逃せない修正がVer3.0には存在しています。
Ver2.0までは、「おだんご砲撃術」を発動させても徹甲榴弾に対する効果がありませんでしたが、Ver3.0からは修正されダメージ量が増加するようになりました。

Ver3.0だからこそ今注目したい、オールラウンダーな「禍ツ弩ノ幽鬼ドシュー」「ホーネス=ダオラ」で使える共通の最強装備をご紹介します。

発動スキル


・攻撃 Lv7
・弾丸節約 Lv3
・砲術 Lv3
・装填拡張 Lv3
・装填速度 Lv3
・反動軽減 Lv3
・KO術 Lv2
・ガード性能 Lv1
・ひるみ軽減 Lv1

※「禍ツ弩ノ幽鬼ドシュー」の場合はスロットLv2とLv1がそれぞれ1つずつ余ります。
KO術をLv3する他、見切りや弱点特効など好みのスキルを加えることが出来ます。

武器解説

「禍ツ弩ノ幽鬼ドシュー」「ホーネス=ダオラ」は、いずれも高い火力を出せる徹甲弾・斬裂弾・散弾を撃つことができるライトボウガンです。
どちらもほぼ似た性質があり、火力も大差ありませんが「禍ツ弩ノ幽鬼ドシュー」の場合は歩きながら高い装填数と火力を持つ斬裂弾ライトを打ち込め、「ホーネス=ダオラ」では、斬裂弾の歩き撃ちが出来ない代わりに麻痺弾Lv1とLv2を撃つことが出来ます。実際使ってみて好みで選ぶと良いでしょう。

スキル解説

様々な種類の弾丸を撃つ特性から、火力を大きく向上させるスキルには「攻撃Lv7」を採用し、「KO術」のスキルがあることから、徹甲弾によるスタンを取りやすい構成となっています。
スタン直後に短時間で高いダメージを叩き出せる斬裂弾や散弾を打ち込むなど、戦況に合わせて臨機応変に戦えるのが、本記事で紹介しているスキルと装備と特徴です。

装備詳細

防具構成

部位名前スロット装飾品必要数
武器「禍ツ弩ノ幽鬼ドシュー」②①-
「ホーネス=ダオラ」
ヴァイクSヘルム②①-砲術珠【2】1
抑反珠【1】1
ヴァイクSメイル③②①節弾珠【2】1
節弾珠【2】1
抑反珠【1】1
ジャナフSアーム②–節弾珠【2】1
ジャナフSコイル②①①耐衝珠【1】1
抑反珠【1】1
早填珠【1】1
バゼルグリーヴ③–装填珠【3】1
護石攻撃 Lv3①①-早填珠【1】2

必要な装飾品一覧

装飾品必要数
節弾珠【2】3
早填珠【1】3
抑反珠【1】3
装填珠【3】1
耐衝珠【1】1
砲術珠【2】1

実践でのコツは

徹甲弾でスタンを取れ

高威力でスタンを取りやすいので、頭を狙ってLv3徹甲弾を打ち込もう。
スタンが発動したら、すかさず敵モンスターに近寄り斬裂弾Lv3散弾を打ち込めば効率よく短い時間で大きなダメージを与えられる。
本記事で紹介している装備には、「弾丸節約Lv3」を採用しているので、スタンさせる機会が多くなるはずなので、しっかりと頭を狙うのがコツ!


こちらは、「ホーネス=ダオラ」を抱えて斬裂弾を放った時のスクリーンショットですが、1発頭に打ち込むと3回炸裂するので、見ての通りたった1発で150ダメージに迫る威力を出すことが出来る。

「ホーネス=ダオラ」なら麻痺弾も有効に

「ホーネス=ダオラ」なら、Lv2とLv1の麻痺弾を撃つことが出来るので、敵を動けなくする手段は徹甲弾によるスタンだけに留まらない。
徹甲弾でスタンを取り、高威力の弾丸を打ち込んでから頃合いを見て麻痺弾を打ち込んでさらに高威力な弾丸を打ち込むといった連携攻撃が出来る器用さを持つのも「ホーネス=ダオラ」の特徴。

「禍ツ弩ノ幽鬼ドシュー」には麻痺弾は無いが、歩きうちしながら斬裂弾を撃てる強みもあるので好みで選ぶと良いでしょう。

他の武器を紹介している記事

ライトボウガン



モンスターハンターライズ特集ページ

『モンスターハンターライズ』商品概要


モンスターハンターライズ
発売日:2021年3月26日(金)
プラットフォーム:Nintendo Switch
ジャンル:ハンティングアクション
プレイ人数:1人(通信プレイ時:最大4人)
CEROレーティング:C

※インターネットに接続して遠くのプレイヤーと協力プレイを行う場合は、Nintendo Switch Online(有料)への加入が必要です。
※Nintendo Switchは任天堂の商標です。

『モンスターハンターライズ』公式サイト
https://www.capcom.co.jp/monsterhunter/rise/

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
※記事に掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属いたします。