img

2019年6月6日、カリフォルニア州サンタクララ - NVIDIAとActivisionは本日、NVIDIAが「Call of Duty: Modern Warfare」の公式PCパートナーになると発表しました。「Call of Duty: Modern Warfare」は、高い期待を集めている、10月25日リリース予定の新タイトルです。

NVIDIAはデベロッパーのInfinity Wardと連携して、リアルタイムDirectXレイトレーシング (DXR)とNVIDIA Adaptive ShadingゲーミングテクノロジをPCバージョンの新しい「Modern Warfare」に実装するための取り組みを行っています。

NVIDIAのGeForceマーケティング責任者であるマットウェブリング (Matt Wuebbling) は、次のように述べています。「『Call of Duty: Modern Warfare』の今年の10月リリースでは、すべてが一新されることになります。NVIDIAは、このすばらしい開発において密接に連携し、このとても興味深い体験の製作に貢献できることを、誇りに思っています。NVIDIAのエンジニアのチームは、Infinity Wardに協力し、革新的なNVIDIA RTXテクノロジを使って、『Modern Warfare』にリアリスティックな効果や信じられないような没入感をもたらそうとしてきました」

圧倒的な人気を博してきた、「Call of Duty」シリーズは、全く新たに創造されたパワフルな体験をもって、復活を果たします。Activisionが販売し、Infinity Wardが開発した、PCバージョンの「Call of Duty: Modern Warfare」は、Blizzard Battle.net でリリースされます。「Modern Warfare」 には、壮大で緊迫感のあるシングルプレイヤーストーリー、アクションが満載のマルチプレイヤー プレイグラウンド、ならびに新しい協力型ゲームプレイを通じて、ナラティブな体験と展開が実装されています。
Infinity Wardの共同スタジオヘッドであるデイブ ストール (Dave Stohl) 氏は、次のように話しています。
「NVIDIAのGPUは、『Modern Warfare』のPC版開発作業に大いに貢献してくれました。当社は、レイトレーシングやアダプティブ シェーディングといったRTXの機能をレンダリング パイプラインにシームレスに組み込んでいます。当社の既存のテクノロジにこのような機能を追加できたのはすばらしいことであり、当社のPCゲームファンがまもなくそれを体験できるようになるのを楽しみにしています」

DXRは、リアルタイムの映画品質のレンダリングをコンテンツ クリエイターおよびゲーム開発者にもたらしています。DXR は、拡張性に優れたレイトレーシングテクノロジで構成されており、NVIDIA Turing、NVIDIA VoltaおよびNVIDIA PascalといったアーキテクチャGPUに対応しています。

NVIDIA Adaptive Shadingは、新しい、最先端のシェーディング手法で、これによって開発者は、性能を向上させ、これまでのゲームでは不可能であった、リアルタイムのビジュアル フィデリティを達成することができます。このテクノロジは、画面内の影の部分の比率を調整することによってGPUの負荷を軽減し、画像品質を損なうことなく性能を向上させることができます。

NVIDIAの最新情報はこちらから
公式ブログ NVIDIA blog、 Facebook、 Google+、 Twitter、 LinkedIn、 Instagram、NVIDIAに関する動画 YouTube、 画像 Flickr。